こんなにスゴイ 発酵食品

2013年8月7日 更新

栄養豊富で食欲を増進させる発酵食品は、疲れやすい夏こそお薦めだそう。

   ・もとの食材に比べ、格段に栄養価が高まる。

   ・長期間の保存がきく。

   ・特有の魅力的な匂いと美味しさ。

   ・菌を生きたまま体内に取り込める。

日本は気候風土から発酵食品の種類が多く、カビ、酵母、細菌などの微生物が米や大豆に

付着し繁殖させる。     食材がパワーアップし、お豆腐のお味噌汁は良質なたんぱく質が

とれ魚や肉は糀に漬ければ、軟らかくなり消化吸収もよくなり、素材の味も引き立ちます。

それと昔は暑さの厳しい夏こそ甘酒をよく飲んだそうです。甘酒は米糀を利用して造る発酵食品ですが

ブドウ糖をはじめ、B1,B2,B6,パントテン酸などのビタミン群 さらには必須アミノ酸などの栄養素が

豊富で非常に栄養価の高い飲み物だそうです。

       糀のチカラで、暑い夏を乗り越えましょう

小林

These balls are gold
rob kardashian weight lossHow to Become a Fashion Forecaster