S君のお見舞い

2014年3月30日 更新

3月28日、不動産部のメンバー4人で行ってきました。食事制限があるため少し痩せた様子でした。仕事が気になる様でしきりに私どもへ仕事の経過について質問をしてきました。

実は、私も10数年前この労災病院へ入院したことがあります。その頃とは、外の風景も大分様変わりしています。S君と話をしながら外を見渡すと日産スタジアムが良く見えます。まさかここでワールドカップが開催されるとは、その当時は誰も思わなかったでしょう。また連絡も公衆電話しかありませんでしたが、今はメールという便利な通信網がありベッドの上で容易に連絡がとれます。逆に常に監視されている風にも感じます。私が入院した頃は丁度労災病院が建てられて間が無い時でした。患者さんが記念写真をあちらこちらで撮っているのを見かけました。時代の流れはこういう場所にもおよんでいるのですね。そんなことをぼんやり思い出しながらS君の熱弁に聞き入っていました。早い退院と健康回復をお祈ります。

 

 

 

 小川 豊

Despite the horrifying bright colored fashions in America
snooki weight lossImage is Everything in the Food Service Industry