Snow Bank Pay It Forward 2015

2015年10月9日 更新

snowbank

今年で5年目となる Snow Bank Pay It Forward 2015 のジブセッションに参加します。 

Snow Bank Pay It Forward 2015 とは、「スノーボードと骨髄バンクを未来に伝える」という骨髄バンクの活動で、代々木公園に雪を降らせて日本を代表するトップライダーも参加するスノーボードジブセッションです。また音楽ライブ・飲食店出店などで毎年たくさんの若者でにぎわう楽しいイベントです。今年は2日間共に献血併行ドナー登録会も開催しますので皆さんも是非!足を運んでみてください。

 

daze-200x300

 プロスノーボーダー荒井DAZE善正

彼は2007年に血液の難病「慢性活動性EBウィルス感染症」と診断され助かる唯一の方法は骨髄移植と宣告されました。その後、移植に向けての過酷な闘病生活の中で彼を支えたのは、家族、仲間や多くの人の支え、また『スノーボードをもう一度やりたい!』という強い想い、そして骨髄バンクを介したドナーとの出会いでした。

このイベントは、そんな彼の生きる希望となったスノーボードと骨髄バンクをより多くの人に知ってもらい、スノーボード・サーフィン・スケートの横乗りカルチャーと共に、アートや食や音楽にのせて、“楽しい”から始まる社会貢献の場を創造・共有する場です。SNOWBANKがキッカケになり、スノーボード、骨髄バンクや献血の必要性を一人でも多くの人に感じてもらい、献血と、骨髄バンクのドナーを増やし、誰でも必要な時に安心して骨髄移植のスタートラインに立てる世の中を目指していく活動です。

 

 

s_koyahara

小屋原